HOME   »  2015年05月
Archive | 2015年05月

脳血管障害、悪性リンパ腫、パーキンソン病の外科的治療

浜松医科大学医学部附属病院

〒431-3192
静岡県浜松市東区半田山1-20-1
電話番号 053-435-2111(代表)
・病院長  今野弘之

http://www.hama-med.ac.jp/hos_index.html
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)

・紹介状をお持ちになられますと・・・かかりつけ医の治療経過・処方内容がわかり、診療がスムーズに行われ、適切な判断治療にも役立ちます。
初診の患者さんにご負担いただく「特定療養費(3,240円)」はいただきません。

・紹介医療機関から事前予約をおとりになられますと・・・事前にカルテを作成(受付代行)し、患者さんをお待ちいたします。
当日は、総合受付にお越しください。これにより長い待ち時間が解消されます。

・ご注意
受診予約の受付は、医療機関からご紹介をいただいた方のみとなります。
患者さんのご予約につきましてはお受けいたしておりませんので、お手数でも現在おかかりの医療機関にご相談ください。

◎患者さんに受診時ご持参いただくもの
・診療情報提供書(紹介状)
・受診日・入院日お知らせの用紙(ご予約をおとりの方)
・保険証、各種医療券
・診察券(以前当院をご利用されている方)
・参考となる検査データ等(お持ちの方

◇診療受付時間
・一般外来 8時30分~11時00分
・専門外来(予約のみ) 12時30分~14時00分

・診療時間 平日 8時30~17時00分

・休診日
土曜日および日曜日、祝日法による休日、12月29日から翌年の1月3日まで

お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
的個所に直接掛かるダイヤルイン接続によるビル電話です。
電話番号問合せ 053(435) 2111

◆診療科案内
・内科系
消化器内科
腎臓内科
神経内科
内分泌・代謝内科
呼吸器内科
肝臓内科
循環器内科
血液内科
免疫・リウマチ内科
心療内科
臨床薬理内科
精神科神経科
小児科
・外科系
心臓血管外科
呼吸器外科
小児外科
乳腺外科
一般外科
上部消化管外科
下部消化管外科
肝・胆・膵外科
血管外科
脳神経外科
整形外科
泌尿器科
皮膚科
眼科
耳鼻咽喉科
産科婦人科
放射線科
麻酔科蘇生科
歯科口腔外科
形成外科

◇脳神経外科
http://www.hama-med.ac.jp/hos_clinic_neurosurgical.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎主な対象疾患
・脳腫瘍
神経膠腫(グリオーマ)、悪性リンパ腫、胚細胞腫(ジャーミノーマなど)
髄膜腫(メニンジオーマ)、下垂体腺腫、頭蓋咽頭腫(クラニオファリンジオーマ)、
神経鞘腫(ニューリノーマ)
転移性脳腫瘍
小児の脳腫瘍
神経内視鏡手術
・脳血管障害
くも膜下出血(主に破裂脳動脈瘤)、高血圧性脳内出血、脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳血管内治療、脳卒中一般
・機能的脳神経外科
パーキンソン病、パーキンソン病の外科的治療、三叉神経痛、片側顔面けいれん

スタッフ
難波 宏樹(なんば ひろき)教授
千葉大学医学部卒
・専門
脳腫瘍
・資格
日本脳神経外科学会専門医、日本がん治療認定機構暫定教育医

杉山 憲嗣(すぎやま けんじ) 准教授
秋田大学医学部卒
浜松医科大学大学院医学研究科博士課程修了
・専門
機能的脳神経外科(パーキンソン病による不随意運動、頑痛症、神経血管減圧術)、モニタリング
・資格
日本脳神経外科学会専門医

徳山 勤(とくやま つとむ) 病棟医長
浜松医科大学大学院医科研究科博士課程修了
・専門
脳腫瘍の臨床と研究、神経内視鏡手術
・資格
日本脳神経外科学会専門医、日本がん治療認定医、日本神経内視鏡学会技術認定医

酒井 直人  外来医長
浜松医科大学卒
・専門領域
間脳・下垂体腫瘍:下垂体腺腫、頭蓋咽頭腫の手術頭蓋底腫瘍:髄膜腫、聴神経腫瘍の手術脳動脈瘤の手術
・専門
日本脳神経外科学会専門医、日本がん治療認定医

野崎孝雄  助教
浜松医科大学卒
・専門
機能的脳神経外科(パーキンソン病による不随意運動、頑痛症、神経血管減圧術)、脳血管障害(内頚動脈狭窄、脳動脈瘤の手術)
・資格
日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会認定専門医

ほか多数

◇交通アクセス
交通アクセス [編集]
JR浜松駅北口バスターミナル13番のりばから遠鉄バス50系統山の手医大線「市役所 山の手 医大」、57系統医大じゅんかん「市役所 中央署 医大 三方原営業所」、もしくは15番のりばから47系統医大じゅんかん「市役所 葵町 医大」に乗車し「医科大学」下車(所要時間30~40分)。
東名高速道路浜松西ICより約15分。
Sponsored Links

急性胃腸炎、発熱・不明熱、意識障害、急性薬物中毒

東邦大学医療センター
大森病院 

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代)
FAX:03-3768-3620 (代)
・病院長 小原 明

http://www.omori.med.toho-u.ac.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇初めて受診される方へ

・外来診療日 月曜日 から 土曜日
・休診日 第 3 土曜日、日曜日、祝日
年末年始 (12 月 29 日から 1 月 3 日)
創立記念日 (6 月 10 日)
・診療受付時間 8 時 30 分 から 11 時 まで
・受付窓口 1 号館 1 階 (外来受付窓口) (紹介状なし)
・3 号館 1 階 (紹介受付パートナー窓口) (紹介状あり)

○初診時、一部の診療科では曜日によって午後の受付となる場合がございます。念のため、平日の時間内(8時30分 から 17時 まで)に下記連絡先までお問い合わせ下さい。
健康保険証(原本)、その他の公費負担受給者証(原本)は必ずご持参下さい。
○初診時は出来る限り他医療施設からの紹介状をお持ち下さい。
他の医療機関からの紹介状(診療情報提供書)をお持ちでない場合、初診料とは別に選定療養費 5,400円(税込)をご負担していただくことを了承の上、受診いただいております。

※初診から予約制の診療科がありますのでご注意ください(リプロダクションセンターなど)
お問い合わせ先
TEL 03-3762-4151 / 内線:3184(外来受付)


◆診療科

総合診療・急病センター(内科)
総合診療・急病センター(外科)
総合診療・急病センター(感染症科)
消化器センター(内科)
消化器センター(外科)
循環器センター(内科)
循環器センター(心臓血管外科)
呼吸器センター(内科)
呼吸器センター(外科)
糖尿病・代謝・内分泌センター
腎センター(人工透析室)
脳神経センター(神経内科)
脳神経センター(脳神経外科)
リウマチ膠原病センター(膠原病科)
小児医療センター(小児科)
小児医療センター(小児外科)
小児医療センター(小児循環器科)
小児医療センター(小児心臓血管外科)
血液・腫瘍科
乳腺・内分泌外科
心療内科
メンタルヘルスセンター【Mental Health】
メンタルヘルスセンター【イル ボスコ】
形成外科
整形外科
産婦人科
皮膚科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
麻酔科
東洋医学科
新生児科
リハビリテーション科
口腔外科
病理診断科


◇総合診療・急病センター
http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/omori/soshin/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・診療科
内科 外科 感染症科

=内科疾患の初期診療=
◎主な対象疾患
急性胃腸炎、発熱・不明熱、意識障害、急性薬物中毒など。

スタッフ

瓜田純久 教授
東邦大学医学部卒
・専門
一般内科、消化器、栄養代謝

中嶋 均  教授
・専門
一般内科、消化器、検診

財 裕明  講師
専門
一般内科、消化器

原 規子  助教
・専門
一般内科、腎臓

宮崎 泰斗  助教
・専門
一般内科、感染症

渡邉利泰   助教
・専門
一般内科、がん治療

ほか多数

◇交通アクセス
JR蒲田駅 東口から
・バス(約7分) 2番のりば「大森駅行」「東邦大学」下車
・タクシー(約5分)
JR大森駅 東口から
・バス(約20分) 1番のりば「蒲田駅行」「東邦大学」下車
・タクシー(約10分)
京浜急行 梅屋敷駅から
・徒歩(約7分)
・駐車場
(1) 1号館前駐車場/20台収容
(2) 2号館前駐車場/17台収容
(3) 3号館地下駐車場/57台収容
※20時以降の入庫はできません
(4) 第2外来駐車場/41台収容
Sponsored Links

ダニのエキスを口に含む新治療薬

ダニのエキスを口に含む新治療薬、保険適用に !(ヨミドクター)

アレルギー性鼻炎は、スギやブタクサなどの花粉やハウスダストなどが原因で起こるが、
年間通じて発症する通年性アレルギー性鼻炎の多くは、ダニが原因とされている。


厚生労働相の諮問機関・中央社会保険医療協議会(中医協)は、
13日、ダニによるアレルギー性鼻炎に対し、ダニエキスを口に含んで体に慣れさせ根治を目指す新治療薬を、今月中に保険適用することを承認したという。 

昨年秋には、同じタイプのスギ花粉症治療薬が保険適用されているが、ダニのアレルギー性鼻炎は初めてとのこと。

今回、保険適用されるのは、
塩野義製薬が申請していた「アシテアダニ舌下錠」
。今年3月下旬に厚生労働省が製造を承認していたという。

治療薬の対象となるのは、12歳以上の患者で、ダニエキス入りの錠剤を舌の下で溶かし、
その後のみ込む。

治療薬を2年以上、毎日服用することで、症状の改善や根治が期待できるという。

注意が必要なのは、
薬の投与で激しいアレルギー反応が起き呼吸困難などのショック症状につながる恐れがあることで、
厚労省は、事前に講習を受けて十分な知識や経験を持つ医師が適切に使用するよう求めている。


Sponsored Links

性同一性障害を扱う病医院

性同一性障害を扱う病医院

性同一性障害を扱う病医院
※ここに上げた病医院は、一部です。詳細は検索してみてください。


ドクターゴールドマンクリニック
・院長 高橋金男
http://www.goldman.jp/common/qa3.html
大阪院:
大阪市北区太融寺町5-13 東梅田パークビル6F
東京院:
東京都港区高輪2-14-17 グレイス高輪11F


・北海道

札幌医科大学附属病院
http://web.sapmed.ac.jp/hospital/

札幌中央クリニック
http://www.beauty-care.jp/

ナグモクリニックGIDセンター
GIDセンター長 山口 悟
http://www.gidcenter.com/

・東北
東北大学病院
福島県立医科大学附属病院
いわきたいら心療内科


・関東
はりまメンタルクリニック
ちあきメンタルクリニック
西新宿メンタルクリニック
自由が丘MCクリニック
早稲田通り心のクリニック
埼玉医科大学かわごえクリニック
あべメンタルクリニック
横浜メンタルクリニック戸塚

・中部
静岡済生会総合病院
亀谷メンタルクリニック

・関西
ナグモクリニック大阪
いりさわ心と体のクリニック
そんメンタルクリニック
加納総合病院

・中国
岡山大学病院
さとうクリニック

・四国
ゆいメンタルクリニック

・九州
福岡大学病院
通谷メンタルクリニック
長崎大学病院
クリニックおもろまち
Sponsored Links
最新記事
◎ ブログ主からのメッセージ
何らかの気にかかる症状があり、

この症状で病医院に行くとしたら、
どこの病院またはクリニック(診療所)の、何科へ行ったら良いのか、

と、迷う人も多いのではないでしょうか。

近い所にあるのだろうか、交通アクセスはどうか。

また、かかりつけ医の紹介状が必要なのか、

紹介状がない場合には、行ってもすぐ診てもらえないのか、

診てもらえる場合、別途にいくら料金が必要なのか、

そして、
信頼できる医師が毎日いてくれるのだろうか?

問い合わせ電話番号は?

などなど、心配事が次つぎとわいてくるのが患者の立場だと思います。

そこで、それらの点にポイントを絞り、できるだけ分かりやすいページを作ってみようと思いました。

※リンク先のページへは、URLをコピーして、画面上のアドレスバーにそのURLを貼り付け、Enterキーを押し、リンク先にて知りたい情報を確認してください。また、それでも分からないときは、直接医療機関へ電話してお問い合わせください。

※病気についての質問は、担当医に直接おたずねください。
Sponsored Links
◆頸椎症で暮らす日々
★膝の痛み改善
スポーツで治る! 自己治療法
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
全国の医療機関と診療科
★「肩こり、首こり、腰痛」改善
パーキンソン病ケアプログラム
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
★坐骨神経痛改善法
改善
緑内障改善プログラム
◆ 病気と病医院 ◆
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック