HOME   »  泌尿器科  »  女性尿路疾患、小児泌尿器科疾患、腎臓移植、尿路性器悪性腫瘍、尿路性器感染症、前立腺肥大など

女性尿路疾患、小児泌尿器科疾患、腎臓移植、尿路性器悪性腫瘍、尿路性器感染症、前立腺肥大など

藤田保健衛生大学病院

〒470-1192
愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1番地98
TEL 0562-93-2111(代)
・病院長 星長清隆

http://www.fujita-hu.ac.jp/HOSPITAL1/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇初診受付
初めて本院に受診される方、紹介状がある患者さまが対象になります。
※詳細はリンク先にてご確認ください。

・再診受付 本院にて初めての科に受診される方、すでに5年以上受診されていない科に受診される患者さまが対象になります。

※他の医療機関より紹介状(診療情報提供書)をお持ちでない場合は、初診日(初診料算定対象)に限り、選定療養費として3,150円(消費税含む)を診療費とともにお支払いただくことになりますので、何卒ご了承の程、お願い致します。


○受付時間 月曜日~土曜日‥‥8:15~11:30
○診療時間 月曜日~金曜日‥‥8:45~17:00
    土曜日‥‥8:45~12:30
○休診日 日曜・祝祭日
・年末年始(12月29日~1月3日)

◎何かご不明な点がございましたら、初診受付、又は外来会計までご遠慮なくお申し出ください。
【代表電話:0562-93-2111】

◆診療科
・内科 内科初診・一般内科
遺伝カウンセリング外来
循環器内科
呼吸器内科・アレルギー科
消化管内科
肝胆膵内科
血液内科・化学療法科
リウマチ・感染症内科
腎内科
内分泌・代謝内科
神経内科

・外科
統合外科
消化器外科 初診
肝臓・脾臓
胆臓・膵臓
食道・胃・十二指腸
小腸・結腸・直腸・肛門
小児外科
心臓血管外科
呼吸器外科
内分泌外科
乳腺外科

精神科
小児科
形成外科
脳神経外科
整形外科
皮膚科
泌尿器科
産科・婦人科
眼科
耳鼻咽喉科・気管食道科
放射線科
リハビリテーション科
麻酔科(麻酔科1・麻酔科2)・ペインクリニック
歯科口腔外科・小児・矯正歯科
臨床検査部
病理部
救急科
救命救急センター
医療安全部
治験管理室
緩和医療科

◇泌尿器科
http://www.fujita-hu.ac.jp/HOSPITAL1/section/department/urology/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・診療
腎臓移植、尿路性器悪性腫瘍、尿路性器感染症、小児泌尿器科疾患、下部尿路通過障害(前立腺肥大など)、女性尿路疾患など

スタッフ

星長清隆 教授
慶應義塾大学医学部卒
・専門
腎移植、小児泌尿器科疾患
・資格など
日本泌尿器科学会理事、日本移植学会理事、日本小児泌尿器科学会理事、日本臨床腎移植学会理事など

白木良一 教授
慶應義塾大学医学部卒
・専門
尿路性器腫瘍、排尿障害、女性泌尿器疾患
・資格など
日本泌尿器科学会専門医・指導医・評議員、日本癌治療学会がん治療認定医機構教育医、がん治療認定医、米国泌尿器科学会メンバー

日下 守 教授
大阪医科大学卒
・専門
泌尿器一般、腎移植
・資格
日本泌尿器科学会専門医・指導医、日本透析医学会 認定医

佐々木ひと美 准教授
藤田保健衛生大学卒
・専門
腎移植、小児・女性泌尿器
・資格
日本臨床腎移植学会、日本移植学会認定医、日本泌尿器科学会指導医

ほか多数

◇交通アクセス
・お車、公共交通機関、中部国際空港
http://www.fujita-hu.ac.jp/HOSPITAL1/common/access.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

■名鉄電車
 名古屋本線「前後」駅下車、名鉄バスで約15分
■地下鉄
 桜通線「野並」駅下車、名古屋市バスで約28分
 (※平成23年3月27日に「徳重」駅が開通)
 鶴舞線「原」駅下車、名古屋市バスで約30分

※ 前後駅前バスターミナルから「藤田保健衛生大学病院」行のバスは、1時間に約4~9本運行。
※ 大高駅から「藤田保健衛生大学病院」行のバスは、1時間に約1本運行。

Sponsored Links
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
◎ ブログ主からのメッセージ
何らかの気にかかる症状があり、

この症状で病医院に行くとしたら、
どこの病院またはクリニック(診療所)の、何科へ行ったら良いのか、

と、迷う人も多いのではないでしょうか。

近い所にあるのだろうか、交通アクセスはどうか。

また、かかりつけ医の紹介状が必要なのか、

紹介状がない場合には、行ってもすぐ診てもらえないのか、

診てもらえる場合、別途にいくら料金が必要なのか、

そして、
信頼できる医師が毎日いてくれるのだろうか?

問い合わせ電話番号は?

などなど、心配事が次つぎとわいてくるのが患者の立場だと思います。

そこで、それらの点にポイントを絞り、できるだけ分かりやすいページを作ってみようと思いました。

※リンク先のページへは、URLをコピーして、画面上のアドレスバーにそのURLを貼り付け、Enterキーを押し、リンク先にて知りたい情報を確認してください。また、それでも分からないときは、直接医療機関へ電話してお問い合わせください。

※病気についての質問は、担当医に直接おたずねください。
Sponsored Links
◆頸椎症で暮らす日々
★膝の痛み改善
スポーツで治る! 自己治療法
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
全国の医療機関と診療科
★「肩こり、首こり、腰痛」改善
パーキンソン病ケアプログラム
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
★坐骨神経痛改善法
改善
緑内障改善プログラム
◆ 病気と病医院 ◆
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック