HOME   »  脳神経外科  »  パーキンソン病、脳腫瘍、脳血管障害、頭部外傷、水頭症、二分脊椎、顔面痙攣、三叉神経痛、脊髄空洞症、機能的脳神経外科-藤巻高光医師

パーキンソン病、脳腫瘍、脳血管障害、頭部外傷、水頭症、二分脊椎、顔面痙攣、三叉神経痛、脊髄空洞症、機能的脳神経外科-藤巻高光医師

埼玉医科大学病院

〒350-0495 
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38  
TEL 049-276-1111(番号案内)
・病院長 片山茂裕

http://www.saitama-med.ac.jp/hospital/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇初めてその科を受診されるかた
・診療日 月曜日から土曜日(日曜・祝日を除く)

・診療受付時間 初診 午前8時30分から11時
但し、救急の場合には、随時お申し出ください。


○初めて受診される場合は、できるだけ他院の紹介状をお持ちください。
紹介状がなくても受診はできますが、初診に係る保険外併用療養費として4,000円(税別)を別途徴収させていただきます。


◆内科
血液内科 感染症科・感染制御科 リウマチ膠原病科 東洋医学診療科
呼吸器内科 腎臓内科 消化器内科・肝臓内科 内分泌内科・糖尿病内科
神経内科・脳卒中内科 小児科 リハビリテーション科 総合診療内科
◆外科
消化器・一般外科 呼吸器外科
調整中 乳腺腫瘍科 小児外科
脳神経外科 耳鼻咽喉科 神経耳科 整形外科・脊椎外科
産婦人科 皮膚科 眼科 形成外科・美容外科
泌尿器科 歯科・口腔外科 麻酔科

放射線科
放射線科 放射線腫瘍科 核医学診療科  
神経精神科センター
神経精神科・心療内科

腎臓病センター
腎臓内科 泌尿器科
成育医療センター

小児科 新生児・未熟児科 産科新生児部門 小児外科
呼吸器病センター
呼吸器内科

睡眠呼吸センター
アレルギー・喘息センター
創傷治癒・再生センター(Wound Healing and Regeneration Center)
健康管理センター
人間ドック
急患センター(ER) 


◇脳神経外科
http://www.saitama-med.ac.jp/hospital/division/13neurosurgery/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎三叉神経痛や顔面痙攣に対する神経血管減圧手術/パーキンソン病や本能性振戦に対する定位的、機能的脳神経外科手術/小児疾患(・水頭症・二分脊椎)/脊髄空洞症/脳腫瘍/脳血管障害/頭部外傷 ほか

《症状》
頭痛・吐き気・しびれ・めまい・顔が痛い・耳が聞こえにくくなった・視力が落ちたり、視野が狭くなった・物が二重に見える・言葉がしゃべりにくい ・失禁する・手足がしびれたり、力が入りにくくなった ・どうもとんちんかんなことを言う
ほか

スタッフ

☆藤巻高光 教授
東京大学医学部卒
・専門
三叉神経痛,顔面けいれん,脳腫瘍 特に悪性腫瘍の集学的治療
・資格
がん治療認定医、日本脳卒中学会専門医
・受賞歴
ガレーヌス賞(日本脳神経外科学会奨励賞)、武田先端知計測財団研究奨励賞等を受賞

☆小林正人 准教授
慶應義塾大学医学部卒
・専門
パーキンソン病,機能的脳神経外科
・資格
脳卒中学会専門医、日本臨床神経学会認定医
・受賞歴
2002年 Human brain mapping and neuroimage フェローシップ
2003年 慶應義塾大学医学部外科 刀林賞

☆脇谷健司  講師
東京大学医学部
・専門
脳腫瘍、脳神経外科一般
・資格
日本脳神経外科学会認定専門医

☆太田実紀(おおた みき) 助教
お茶の水女子大学卒 高知医科大学卒
・専門
脳神経外科一般
・資格
日本脳神経外科学会専門医


◇交通アクセス
交通案内
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・鉄道 JR八高線 毛呂駅から徒歩3分
東武越生線 東毛呂駅から徒歩20分または路線バス5分
・路線バス
「埼玉医科大学」下車
東武越生線 東毛呂駅(川越観光バス)
西武池袋線 飯能駅(国際興業バス)
高麗駅(国際興業バス)
JR川越線・八高線 高麗川駅(国際興業バス)

Sponsored Links
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
◎ ブログ主からのメッセージ
何らかの気にかかる症状があり、

この症状で病医院に行くとしたら、
どこの病院またはクリニック(診療所)の、何科へ行ったら良いのか、

と、迷う人も多いのではないでしょうか。

近い所にあるのだろうか、交通アクセスはどうか。

また、かかりつけ医の紹介状が必要なのか、

紹介状がない場合には、行ってもすぐ診てもらえないのか、

診てもらえる場合、別途にいくら料金が必要なのか、

そして、
信頼できる医師が毎日いてくれるのだろうか?

問い合わせ電話番号は?

などなど、心配事が次つぎとわいてくるのが患者の立場だと思います。

そこで、それらの点にポイントを絞り、できるだけ分かりやすいページを作ってみようと思いました。

※リンク先のページへは、URLをコピーして、画面上のアドレスバーにそのURLを貼り付け、Enterキーを押し、リンク先にて知りたい情報を確認してください。また、それでも分からないときは、直接医療機関へ電話してお問い合わせください。

※病気についての質問は、担当医に直接おたずねください。
Sponsored Links
◆頸椎症で暮らす日々
★膝の痛み改善
スポーツで治る! 自己治療法
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
全国の医療機関と診療科
★「肩こり、首こり、腰痛」改善
パーキンソン病ケアプログラム
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
★坐骨神経痛改善法
改善
緑内障改善プログラム
◆ 病気と病医院 ◆
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック