HOME   »  臓器移植  »  肺維持装置初使用- 岡山大学病院 - 大藤剛宏(おおとう たかひろ)- 肺移植チーフ

肺維持装置初使用- 岡山大学病院 - 大藤剛宏(おおとう たかひろ)- 肺移植チーフ

岡山大学病院 臓器移植医療センター
http://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/ishokucenter.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎ 臓器移植とは、臓器が再生不可能な機能不全の状態になり、移植でしかなおすことができなくなった時に行う医療です。
岡山大学病院は全国でも数少ない心臓・肝臓・肺臓・腎臓・小腸はじめ多臓器の臓器移植の認定施設となり、
すべての臓器移植を集中的に、管理運営する目的で、2011年1月、臓器移植医療センターが開設されました。

・臓器移植医療センターには、各臓器の移植専門医と専属の移植コーディネーターがいます。

スタッフ

藤原俊義 教授 センター長
岡山大学医学部卒
・専門
消化管外科
・資格
日本外科学会指導医、日本消化器外科学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本消化器外科学会指導医、消化器がん外科治療認定医 ほか


大藤剛宏(おおとう たかひろ)肺移植チーフ 准教授 副センター長
岡山大学医学部卒
・専門
胸部外科(心臓死ドナーを用いた肺移植、中枢型進行肺癌に対する自家肺移植)
・資格
日本外科学会外科専門医、日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医


八木孝仁 教授 副センター長
岡山大学医学部卒
・専門
肝・胆・膵外科
・資格
日本移植学会評議員


荒木元朗 助教 腎移植チーフ
岡山大学医学部卒
・専門
腎移植、尿路性器悪性腫瘍、泌尿器内視鏡外科学
・資格
米国医師免許 、日本泌尿器科学会泌尿器科専門医、日本泌尿器科学会泌尿器科指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医、泌尿器腹腔鏡技術認定制度認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器腹腔鏡) 、日本移植学会移殖認定医

ほか多数

コーディネーター:
清水 千聖
渋谷 直美
中谷 文
保田 裕子

※臓器移植のお問い合わせは、
移植コーディネーター室(TEL:086-235-6965)までご連絡ください。

☆岡山大学病院
〒700-8558 岡山市北区鹿田町2-5-1
TEL 086-223-7151(代表) FAX 086-235-7636
http://www.hsc.okayama-u.ac.jp/hos/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇交通アクセス
・岡山駅バスターミナルから「12」・「22」・「52」系統の岡電バス又は
 「(大学病院経由)新岡山港」行きの両備バスで7分「大学病院前」下車

・岡山駅タクシー乗り場からタクシーで約5~10分

・岡山駅前から「清輝橋」行き路面電車で12分「清輝橋」下車西へ徒歩5~10分

・お車での来院について
駐車場スペースに限りがございますので,来院の際はできる限り公共交通機関をご利用くださいますようお願いいたします。
駐車整理料金は,介護者の方の運行・患者の皆さまの安全な乗降に配慮した外来棟への進入路の整備など,お車でお越しの患者の皆さまが安全で快適にご利用いただくための整備に活用させていただきますので,ご理解とご協力をお願いいたします。

<駐車整理料金>

◎ 通院による利用(付添いの方を含む)

入構から30分以内 ・・・・・・・・ 無料
30分超え12時間以内 ・・・・・・・・ 200円
12時間超え1時間毎に ・・・・・・・・ 100円加算

※ 外来ホールに設置の駐車サービス券自動処理機での検印を受けてください。
入退院当日のご家族の付添いの場合は,入院受付窓口にお申し出ください。
本院からの依頼で来院された場合は,スタッフステーションにお申し出ください。

◎ 上記以外の利用

入構から30分以内 ・・・・・・・・ 無料
30分超え1時間以内 ・・・・・・・・ 200円
1時間超え30分毎に ・・・・・・・・ 100円加算(1日上限2,000円)
Sponsored Links
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
◎ ブログ主からのメッセージ
何らかの気にかかる症状があり、

この症状で病医院に行くとしたら、
どこの病院またはクリニック(診療所)の、何科へ行ったら良いのか、

と、迷う人も多いのではないでしょうか。

近い所にあるのだろうか、交通アクセスはどうか。

また、かかりつけ医の紹介状が必要なのか、

紹介状がない場合には、行ってもすぐ診てもらえないのか、

診てもらえる場合、別途にいくら料金が必要なのか、

そして、
信頼できる医師が毎日いてくれるのだろうか?

問い合わせ電話番号は?

などなど、心配事が次つぎとわいてくるのが患者の立場だと思います。

そこで、それらの点にポイントを絞り、できるだけ分かりやすいページを作ってみようと思いました。

※リンク先のページへは、URLをコピーして、画面上のアドレスバーにそのURLを貼り付け、Enterキーを押し、リンク先にて知りたい情報を確認してください。また、それでも分からないときは、直接医療機関へ電話してお問い合わせください。

※病気についての質問は、担当医に直接おたずねください。
Sponsored Links
◆頸椎症で暮らす日々
★膝の痛み改善
スポーツで治る! 自己治療法
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
全国の医療機関と診療科
★「肩こり、首こり、腰痛」改善
パーキンソン病ケアプログラム
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
★坐骨神経痛改善法
改善
緑内障改善プログラム
◆ 病気と病医院 ◆
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック