HOME   »  神経内科  »  筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、パーキンソン病、ギラン・バレー症候群、多発筋炎、重症筋無力症、髄膜炎・脳炎、脊髄炎、脊髄血管障害、糖尿病性・アルコール性・中毒性末梢神経障害、筋ジストロフィー症、周期性四肢麻痺、てんかん

筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、パーキンソン病、ギラン・バレー症候群、多発筋炎、重症筋無力症、髄膜炎・脳炎、脊髄炎、脊髄血管障害、糖尿病性・アルコール性・中毒性末梢神経障害、筋ジストロフィー症、周期性四肢麻痺、てんかん

関西医科大学付属 枚方病院

〒573-1191
枚方市新町2丁目3番1号
TEL 072-804-0101
・病院長 澤田 敏

http://www.kmu.ac.jp/hirakata/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇初めて当院を受診される方へ
保険証、かかりつけ医からの紹介状などをご用意ください。


※紹介状をお持ちでない場合、他の医療機関でお受けになった検査があらためて必要になる場合や、診察までに時間を要することなど、患者さんにご負担をおかけすることがあります。

さらに初診料のほかに、保険外併用療養費制度に基づく選定療養費として5,250円が必要となりますのでご了承ください。


◇初診・再診受付
午前8:30~11:30

・休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝祭日・創立記念日
(6月30日)・年末年始(12月29日~1月3日)

◆診療科
血液腫瘍内科
循環器内科
循環器外科
呼吸器内科
呼吸器外科
消化器肝臓内科
消化器外科
腎臓内科
腎泌尿器外科
産科・婦人科
乳腺外科
小児科
小児外科
精神神経科
脳神経外科
神経内科
整形外科
形成外科
皮膚科
眼科
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
画像診断科・放射線治療科・核医学科・血管造影IVR科
麻酔科
内分泌・代謝性疾患科
リウマチ・膠原病科
リハビリテーション科
総合診療科
救急医学科
臨床検査医学科
病理科
健康科学科
心療内科
歯科・口腔外科

◇神経内科
http://www3.kmu.ac.jp/neurolog/what_neurol.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎適応疾患
脳血管障害、アルツハイマー病、パーキンソン病およびその類縁疾患、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、ギラン・バレー症候群、多発筋炎、重症筋無力症、髄膜炎・脳炎、脊髄炎、脊髄血管障害、糖尿病性・アルコール性・中毒性末梢神経障害、筋ジストロフィー症、周期性四肢麻痺、てんかん、代謝性・中毒性脳症、ジストニー・ミオクローヌスなどの不随意運動、代謝・内分泌疾患、膠原病などの全身内科的疾患の合併症としての神経障害 など

○症状
手足の動きが悪い、力が入らない、手足が痩せてきた
手足・口などが意志とは関係なく動く、ふるえる
ふらつく、足が突っ張り歩きにくい、よく転倒する
手足がしびれる、感覚が鈍い
物が二重に見える、瞼が重い
物忘れが強い、計算ができない、字が読めない・書けない
呂律が回らない、飲込むときにむせる
意識がなくなる、けいれんをおこすことがある
頭痛

スタッフ

☆日下博文(くさか ひろふみ)教授
京都大学医学部卒
・専門
臨床神経学、神経変性疾患、神経筋疾患
・資格
神経内科認定医、
日本神経学会評議員、日本神経病理学会評議員、臨床神経病理懇話会世話人
American Association of Neuropathologists
日本臨床分子形態学会理事 ほか


☆金子 鋭(かねこ さとし) 准教授
京都大学医学部卒
・専門
神経内科学、神経科学
・資格
日本内科学会認定内科医、日本神経学会専門医・指導医


☆和手麗香 講師
・専門
臨床神経学、神経病理学
・資格
日本内科学会認定内科医、日本神経学会専門医・指導医


☆國枝武伸 助教 病棟医長
・専門
脳卒中、脳血管内治療
・資格
脳神経血管内治療学会専門医、神経学会専門医、脳卒中学会専門医、内科学会認定医


☆藤田賢吾 助教 外来医長 
・専門領域
神経内科学、神経病理学
・資格
認定内科医、神経内科専門医、日本臨床神経生理学会認定医

ほか多数


◇交通アクセス
・京阪電車・枚方市駅から「徒歩5分」
・立体駐車場あり
http://www.kmu.ac.jp/hirakata/h-access.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


Sponsored Links
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
◎ ブログ主からのメッセージ
何らかの気にかかる症状があり、

この症状で病医院に行くとしたら、
どこの病院またはクリニック(診療所)の、何科へ行ったら良いのか、

と、迷う人も多いのではないでしょうか。

近い所にあるのだろうか、交通アクセスはどうか。

また、かかりつけ医の紹介状が必要なのか、

紹介状がない場合には、行ってもすぐ診てもらえないのか、

診てもらえる場合、別途にいくら料金が必要なのか、

そして、
信頼できる医師が毎日いてくれるのだろうか?

問い合わせ電話番号は?

などなど、心配事が次つぎとわいてくるのが患者の立場だと思います。

そこで、それらの点にポイントを絞り、できるだけ分かりやすいページを作ってみようと思いました。

※リンク先のページへは、URLをコピーして、画面上のアドレスバーにそのURLを貼り付け、Enterキーを押し、リンク先にて知りたい情報を確認してください。また、それでも分からないときは、直接医療機関へ電話してお問い合わせください。

※病気についての質問は、担当医に直接おたずねください。
Sponsored Links
◆頸椎症で暮らす日々
★膝の痛み改善
スポーツで治る! 自己治療法
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
全国の医療機関と診療科
★「肩こり、首こり、腰痛」改善
パーキンソン病ケアプログラム
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
★坐骨神経痛改善法
改善
緑内障改善プログラム
◆ 病気と病医院 ◆
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック