FC2ブログ
HOME   »  眼科  »  角膜・ドライアイ外来、白内障手術、緑内障、黄斑ぶどう膜外来、網膜硝子体外来、糖尿病網膜症、神経眼科、小児眼科

角膜・ドライアイ外来、白内障手術、緑内障、黄斑ぶどう膜外来、網膜硝子体外来、糖尿病網膜症、神経眼科、小児眼科

兵庫医科大学病院

〒663-8501 
西宮市武庫川町1番1号
電話番号 0798-45-6111(代表)
・病院長  阪上雅史
http://www.hosp.hyo-med.ac.jp/clinic/department.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇初めての方へ
・紹介状をお持ちでない方は、初診の保険外併用療養費として、
診療費とは別に、特別の料金として5,400円(税込)
お支払いいただくことになります。
・仕事中の事故(通勤途上又は帰宅途上の事故を含む)あるいは
交通事故で受診される場合は、
必ず1番窓口でその旨をお申し出ください。
・今までにおかかりの診療科とは別の診療科を新たに受診される方も、
初めて受診される方と同様の手続きを1番窓口で行ってください。
診察券は全科共通でお使いになれますので、お持ちの方は一緒にお出しください。

◇時間外選定療養費徴収について時間外外来受診において
緊急性を認めない患者さんには、
時間外選定療養費(時間外受診における保険外負担金)をお支払いいただきます。
当院の時間外外来は、入院を必要とするような重症の患者さんや、
緊急の処置や対応が必要と考えられる、緊急性の高い患者さんを受け入れております。

◆診療科一覧
内科
循環器内科
血液内科
リウマチ・膠原病科
糖尿病科
肝・胆・膵科
内分泌・代謝科
消化器内科
呼吸器・RCU科
神経・脳卒中科
腎・透析科
総合診療科

精神科神経科
小児科
外科
肝・胆・膵外科
上部消化管外科
下部消化管外科
乳腺・内分泌外科
小児外科
心臓血管外科
呼吸器外科
整形外科
形成外科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
産科婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
麻酔科
歯科口腔外科
胸部腫瘍科
救命救急センター
核医学・PETセンター
ペインクリニック部
リハビリテーション部
IBDセンター

◇眼科
https://www.hosp.hyo-med.ac.jp/clinic/department/ophthalmology.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎当院では、ご紹介頂く施設と連携をとりながら、
より高度の医療を受けて頂いております。

白内障手術
黄斑ぶどう膜外来(火、水曜)
網膜硝子体外来(毎日)
糖尿病網膜症(木曜午後)
神経眼科(月、火、木、金曜)
小児眼科(月、水、木、金曜)
緑内障(月、金曜)
角膜・ドライアイ外来(火曜)

スタッフ

☆五味 文  主任教授  診療部長
大阪大学医学部卒 同大学院修了
・専門
網膜硝子体、網脈絡膜疾患、黄斑疾患、白内障
・資格
眼科専門医、指導医

☆木村亜紀子   准教授
兵庫医科大学卒
・専門
斜視・弱視、眼瞼、小児眼科、神経眼科
・資格
眼科専門医、指導医

☆木村直樹   講師
・専門
網膜硝子体、未熟児網膜症
・資格
眼科専門医、指導医

☆石川裕人  講師
・専門
網膜硝子体、網脈絡膜疾患、神経眼科、白内障
・資格
眼科専門医、指導医

☆細谷友雅  講師  医局長
・専門
角膜、前眼部、ドライアイ
・資格
眼科専門医、指導医

☆田片将士  助教  外来医長
・専門
緑内障
・資格
眼科専門医

☆吉田由美子  助教
・専門
斜視、弱視、網膜硝子体
・資格
眼科専門医

☆荒木敬士   助教 外来医長
・専門
網膜硝子体、黄斑疾患、白内障
・資格
眼科専門医

☆岡本真奈 助教  病棟医長
・専門
斜視・弱視、前眼部
・資格
眼科専門医

ほか多数

◇交通アクセス
阪神電鉄・武庫川駅下車、西出口より徒歩5分
阪神電鉄・甲子園駅下車、タクシーで約5分
JR甲子園口駅下車、タクシーで約10分
http://www.hosp.hyo-med.ac.jp/guide/access/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)
Sponsored Links
最新記事
◎ ブログ主からのメッセージ
何らかの気にかかる症状があり、

この症状で病医院に行くとしたら、
どこの病院またはクリニック(診療所)の、何科へ行ったら良いのか、

と、迷う人も多いのではないでしょうか。

近い所にあるのだろうか、交通アクセスはどうか。

また、かかりつけ医の紹介状が必要なのか、

紹介状がない場合には、行ってもすぐ診てもらえないのか、

診てもらえる場合、別途にいくら料金が必要なのか、

そして、
信頼できる医師が毎日いてくれるのだろうか?

問い合わせ電話番号は?

などなど、心配事が次つぎとわいてくるのが患者の立場だと思います。

そこで、それらの点にポイントを絞り、できるだけ分かりやすいページを作ってみようと思いました。

※リンク先のページへは、URLをコピーして、画面上のアドレスバーにそのURLを貼り付け、Enterキーを押し、リンク先にて知りたい情報を確認してください。また、それでも分からないときは、直接医療機関へ電話してお問い合わせください。

※病気についての質問は、担当医に直接おたずねください。
◆頸椎症、パソコン・スマホ病
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
全国の医療機関と診療科
パーキンソン病ケアプログラム
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
★坐骨神経痛改善法
改善
緑内障改善プログラム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック