FC2ブログ
HOME   »  感染症  »  インフルエンザ菌感染症、アレルギー科、呼吸器系の病気、咳喘息 外来、睡眠時無呼吸 外来、大谷義夫院長

インフルエンザ菌感染症、アレルギー科、呼吸器系の病気、咳喘息 外来、睡眠時無呼吸 外来、大谷義夫院長

池袋大谷クリニック

東京都豊島区西池袋1-39-4 第一大谷ビル1F
TEL 03-3986-0337
・院長 大谷義夫
https://www.otani-clinic.com/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇診療案内
午前9:30-13:00 午後15:00-19:00
土曜 10:00-14:00
・休診 木曜午前 日曜・祝日


◆診療科

●呼吸器科:
肺がん、咳喘息、気管支喘息、間質性肺炎など
呼吸器疾患の診療および御相談。
長引く咳、花粉症などの診療および御相談。

●アレルギー科:
長引く咳、花粉症などの診療および御相談。

●内科:
高血圧、高コレステロール血症、糖尿病、メタボリック症候群の
診療および御相談。

●咳 咳喘息 外来:
長引く咳で困っていませんか?
気管支炎、気管支喘息、咳喘息の診療および御相談

●睡眠時無呼吸 外来:
日本人の3〜4%に認められ、動脈硬化、 高血圧、 脳梗塞、
心筋梗塞の発症のリスクとなり、寿命が短くなることが
知られていますので、睡眠時無呼吸症候群の診療および御相談。

●禁煙 外来:
禁煙のお手伝いをさせていただきます。
保険診療可能です。
・タバコは肺がんなど呼吸器系(肺がん、喉頭がん、舌がん、咽頭がん)の
がんだけでなく、消化器系(食道がん、胃がん、肝臓がん、膵臓がん)、
泌尿器系(腎がん、膀胱がん、尿管がん)、子宮頸部のがんなど
にも関与します。
また肺気腫は肺の中で酸素と二酸化炭素の交換をする肺胞という組織が
溶けていき、呼吸する面積が減少する疾患ですが、肺気腫のほとんどの
原因はタバコです。
そのほか、タバコによって動脈硬化を生じ、狭心症や心筋梗塞のリスク
となります。

https://www.otani-clinic.com/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


☆大谷義夫  院長 プロフィール
群馬大学医学部卒
2008年4月 米国ミシガン大学留学
2009年11月2日 池袋大谷クリニック開院
・専門資格など
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本アレルギー学会専門医・指導医
日本医師会認定産業医
東京医科歯科大学病院非常勤講師

☆東京医科歯科大学 第一内科、呼吸器内科、睡眠制御学講座において、
21年間にわたり、内科疾患・呼吸器疾患・アレルギー疾患・睡眠医療
に従事してまいりましたが、この度、池袋駅西口から徒歩2分の地に
クリニックを開設させていただきました。

◇交通アクセス
・池袋駅西口から徒歩2分
Sponsored Links
最新記事
◎ ブログ主からのメッセージ
何らかの気にかかる症状があり、

この症状で病医院に行くとしたら、
どこの病院またはクリニック(診療所)の、何科へ行ったら良いのか、

と、迷う人も多いのではないでしょうか。

近い所にあるのだろうか、交通アクセスはどうか。

また、かかりつけ医の紹介状が必要なのか、

紹介状がない場合には、行ってもすぐ診てもらえないのか、

診てもらえる場合、別途にいくら料金が必要なのか、

そして、
信頼できる医師が毎日いてくれるのだろうか?

問い合わせ電話番号は?

などなど、心配事が次つぎとわいてくるのが患者の立場だと思います。

そこで、それらの点にポイントを絞り、できるだけ分かりやすいページを作ってみようと思いました。

※リンク先のページへは、URLをコピーして、画面上のアドレスバーにそのURLを貼り付け、Enterキーを押し、リンク先にて知りたい情報を確認してください。また、それでも分からないときは、直接医療機関へ電話してお問い合わせください。

※病気についての質問は、担当医に直接おたずねください。
◆頸椎症、パソコン・スマホ病
☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
全国の医療機関と診療科
パーキンソン病ケアプログラム
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
★坐骨神経痛改善法
改善
緑内障改善プログラム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック